ホーム > 芸能 > 家でしたいほど母が嫌でした

家でしたいほど母が嫌でした

実家に両親と暮らしていた10代の頃はしょっちゅう家出したいと思っていました。両親は仮面夫婦の状態で、一つ屋根の下に住んでいても家族の一体感はなかったです。 そんな中で母の執着の対象は私に集中していました。 毎日「子どもさえいなければ、こんな生活捨てられたのに」と愚痴る母に苛立ち、行き場のないストレスでおかしくなりそうでした。 早く家を出て母から解放されたいと思いながら日々を過ごし、独立の時に備えて貯金に励んでいました。 行方不明 福岡

関連記事

家でしたいほど母が嫌でした
実家に両親と暮らしていた10代の頃はしょっちゅう家出したいと思っていました。両親...
テスト
テスト記事です。...